ネパール 
バクタプル

バクタプル  バクタプル(Bhaktapur)は889年にアナンダ・デヴ王によって築かれ、その後12世紀〜18世紀の間、首都のひとつとして栄えました。別名「バドガオン」(信仰の町)とも呼ばれ、カトマンズやパタンと同様にカトマンズ盆地内の代表的な古都で、ネワール族の町の中ではこのバクタプルが一番中世の町並みをそのまま残しています。喧騒のカトマンズに対し田園地帯の小高い丘の上の、のんびりとした非常に静かな人口22万人ほどの小さな街です。住民の8割以上がネワール族で農業に従事している人がほとんどです。1934年の大地震で数多くの寺院や僧院や民家が被害を受けましたが、1970年代以降に復興が進み、今でも世界に誇るネワール族のすばらしい建築物や彫刻を見ることができます。赤レンガ造りの町並みの中を散策していると中世の世界を歩いているような不思議な気分になります。

バクタプルの観光名所

ダルバール広場  ダルバール広場(Durbar Square):旧王宮前にある広場で、旧王宮・寺院を中ですばらしいネワール建築の数々を見ることが出来ます。建物の多くは17〜18世紀のネワール美術が花開いたマッラ三王朝時代のものです。カトマンズとパタンにもダルバール広場があり、皆すばらしいが広々とした広場は寺院やモニュメントに囲まれ、独特の雰囲気をかもし出しており、バクタプルのダルバール広場が一番美しいとされています。

トウマディー広場  トウマディー広場(Taumadhi Square):ダルバール広場から細い小道でつながっています。カトマンズ盆地で一番高い寺院であるニャタポラ寺院を始め、17世紀〜18世紀に造られた数々の寺院があります。

タチュパル広場  タチュパル広場(Tachupal Square):14世紀に造られたバクタプルで最も古い広場です。かつては街の中心部で、最も重要な場所でした。広場を囲む街並みは伝統的なネワール建築の建物が多く、窓の装飾が美しいです。


Copyright © 2005-2018 Nepaling. all rights reserved.