ネパール 
チトワン国立公園

ロイヤル・チトワン国立公園  ロイヤル・チトワン国立公園(Royal Chitwan National Park)は、ネパール南部に位置するジャングルを保護する目的で設置された自然保護公園です。ネパールといえば、世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈のイメージで標高が高いと勘違いされることが多いですが、ロイヤル・チトワン国立公園の標高は、50m〜200m程度です。タライ平原に位置し、東西80km、南北23kmにも及ぶ広大な国立公園となっています。公園内には、インドサイ、ベンガルタイガー、ヒョウなど絶滅の恐れの高い動物が生息しています。野鳥の種類は500種類以上で、世界一と言われています。ゾウの背中に乗ってみるジャングルサファリ、カヌー・サファリ、ジープ・サファリ、バード・ウォッチング、ラフティングなどの数多くのアクティビティを楽しむことが出来ます。
 1984年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
 

Copyright © 2005-2018 Nepaling. all rights reserved.